冠婚葬祭におけるお墓と永代供養墓の違い

冠婚葬祭において、一般的なお墓と永代供養墓と呼ばれるお墓には大きな違いがあります。一般的なお墓は霊園や墓地でよく見かけるタイプの物で、毎年の供養を親族や友人がする事によって墓が守られます。

All Aboutに有効なサイトの紹介です。

お墓が霊園に所属している場合はその住職さんが定期的にお経を唱えてくれたり、法要を行ってくれるケースが一般的です。

通常のお墓では、先祖代々同じお墓に入るという事がほとんどですので、一家族につき一つのお墓が設置されています。



つまり、先祖と一緒に同じ墓で眠る事が出来るという訳です。



また、墓のデザインを自分たちで決める事が可能である事から、平凡なお墓だけでなく芸術的なお墓まであらゆる種類の墓をたてる事ができます。
しかし、毎年の維持費が高い事や、供養に来てくれる人がいなければ、お墓としての機能を果たさない点を心配する人もいます。しかし、最近流行している「永代供養墓」という新しい形式のお墓は、遺族が全員亡くなってしまった場合においても、墓地の管理者が定期的に供養を行ってくれる事や、遠方に遺族が居住しているなどの理由があれば手入れを代行してくれるという理由で、非常に人気が高い冠婚葬祭の形です。

一般的なお墓ですと、故人が亡くなってからは毎年維持費をお寺に払わなければなりませんでしたが、永代供養墓の場合は亡くなる前に料金をあらかじめ支払う事が出来る点において、遺族に金銭的な迷惑が一切かからないシステムとなっておりますので、遺族の立場に立った冠婚葬祭の新しいスタイルであると言う事ができます。